初めての海外赴任ガイド > ビザの取得

査証(ビザ)の取得

ビザ(査証)とは、入国・滞在の許可を示すもので、その国の大使館および領事館が本国の規定に基づき発給します。
一般的に会社(勤務先)がビザ申請・取得の手配をしてくれます。但し、申請の際には本人が大使館などへ出向く必要があります。
ビザはいろいろな呼ばれ方をされて、「入国審査証」、「入国査証」や「査証」などと呼ばれます。海外渡航者が正当な理由で渡航していることを訪問国が証明したものです。しかし、よく勘違いするのですが、「ビザ=入国許可」ではありません。入国を許可するか否かはその国の入国審査官が判断します。(ややこしいですが・・・)
アメリカ(管理人のケース)を紹介しておきます。アメリカに滞在するビザはAからVまで様々な種類のビザがあります。通常、企業からアメリカに海外赴任でビザを取得する場合は、E-VISAかL-VISAとなります。いづれのビザにするかは、人事関係の専門部署から指示があるはずです。管理人の場合はL-VISAとなりました。

L-VISAの取得に必要な書類
必要書類 必要数量 ポイント/備考
パスポートコピー 1枚 顔写真の印刷された見開きのコピーです。
写真 1枚 パスポート取得のための写真サイズとは異なるので注意が必要です。
英文卒業証明書・英文成績証明書 1枚 最終学歴分が必要です。大学なら大抵は、大学HPから申請書をダウンロードして、郵送で申請できます。
FORM DS-156 1式 VISAの所定の申請書類です。記入例は会社が準備してくれると思います。
FORM DS-157 1式 同じくVISAの所定の申請書類です。こちらは年齢によって必要ない場合があるようです。
職歴、出向先での業務内容 1式 こちらは、決まったフォームはなく、会社によって対応は異なると思います。

家族の査証(ビザ)は本人が取得出来ていれば、自動的に取得できます。但し、13歳を超える家族については領事館へ面接に行く必要があります。

当サイト管理人がビザを取得した時は妻と米国大使館まで面接に出向きましたが、面接というほど構えたものではなく、受付けの窓口で簡単なやり取りを2つ、3つしただけでした。

海外赴任準備は進んでいますか?

自動車・バイクの処分は?

海外赴任、引越しの時期に大変ですが、車の買取見積もり金額は買取業者によって意外と変わってきますので、手間は掛かりますが複数の買取業者から見積もりを取ることをおススメします。


楽天の愛車一括査定!
最大5社へ一括査定!査定依頼でもれなく楽天スーパーポイントプレゼント!


中古車買取実績No.1ガリバー


あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


高価バイク買取に自信ありバイクブーン